退職は2週間前でパートはOK?自分の雇用契約をまずはチェック!

パートを退職しようと考えた場合、まずは上司に退職する意思を伝えなくてはいけません。

退職を申し出るタイミングに悩みますが、民法上で「最短で2週間前の通知で退職することが可能」だとあるし、それでいいのでは?と思ってしまいます。

本当に退職の申し出は2週間前でいいのでしょうか。

パートを退職するタイミングについてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ミスの多い新人のタイプとは?ミスの予防方法を紹介します

新人のときには、ミスが多いものですがそのミスをすることを許されるのは新人のうちとも言えます。...

接客が苦手。そんなの関係ない!仕事ですから、接客するのです!

接客業。接客の仕事。人見知りだから、しゃべるのが苦手だから接客以外の仕事をしたいと望んでいる人!...

好きな学科は履歴書に書くべき!アルバイトの履歴書の書き方

アルバイトを受けるときに必要となる履歴書ですが、いざ書くとなるとどのように書けばいいのか迷ってしまい...

バイトを辞めると決めたなら1ヶ月前には伝えよう!伝え方や理由

「今のバイトを辞めたいなー」と思っていませんか?辞めたいけれどなんて言ったらいいの?いつ...

退職の意思表示は2週間前で本当にいいの?退職時の心得

一般的に退職する時は、だいたい1ヶ月~1.5ヶ月前に上司に退職する意思を伝え、引継ぎなど退職する準備...

公務員の昇給の時期はいつ?その種類と仕組みについて説明します

いつの時代も人気のある職種である公務員。これから公務員を目指す人にとって気になるのが初任給や昇給、そ...

お詫びの電話は時間帯やスピードなど謝罪のマナーに気をつけよう

仕事で取引先などお詫びの電話をするときは、時間帯などに気をつけなければなりません。では、お詫...

欠席をメールで返事するときのポイントと上手な断り方とは

上司や得意先から誘われていたのに、欠席や断りのメールをしなければいけないときもありますよね。...

宅急便のバイトは女性にも人気!その仕事内容とは

宅急便のバイトは年末年始にも多く募集することもあるため、どんな仕事なのかと気になる方もいるのでは?...

会社の昼休み時間は会社や勤務時間で違う!休憩時間に関する事

会社によって昼休みの時間が違う場合がありますね。休憩時間については労働基準法による規定があります。...

会社の電話が怖い!電話対応の恐怖を乗り越えるための心がけとは

会社の電話が怖い、できれば、一日中鳴らないで欲しい。今は、メールや個人の携帯電話へ直接連絡を...

研修のグループワークが嫌い。苦手を克服する方法とは

研修のグループワークが苦手・・嫌いという人は多いのではないでしょうか?そんな苦手意識はどうしたら克服...

夜に仕事のメール返信はマナー違反?ビジネスマンのメールマナー

就業時間内にメールの返信ができなかったとき、夜にメールの返信をしても問題はないのでしょうか?相手に失...

ありがとうの返事はなんて言う?敬語で返す正しい日本語とは

目上の方から「ありがとう」という言葉を頂いたときにはどのように返事をするのが正解なのでしょうか?とっ...

声が小さい悩みを解決!バイトで声を大きく出す方法・ポイント

バイト先の転生や同僚から「声が小さい!」と言われて悩んでいる人もいますよね。自分では大きな声を出して...

スポンサーリンク

退職の申し出は2週間前ならパートの場合いいのでは?

今している仕事、パートを退職することを考えているけれど、どの位前に退職の申し出をしたら良いのでしょうか?

2週間前で良いのでしょうか?

仕事を辞めるときのタイミングについてここで、少し一緒にみていきたいと思います。

バイト先を辞める2週間前に企業側に伝える必要がある

1-2ヶ月前に伝える

法的には、2週間前に言えば問題がないことになっていますが、企業側もすぐに人が辞められると、シフトの関係など、困る事もあると思います。引継ぎが必要なこともあると思いますので、その点も気遣いましょう。

急な場合

法的には2週間前と規定がありますが、どうしても急な場合は、上司と相談してみると良いと思います。話し合いの末、すんなりと辞めれるケースもあると思います。

退職の申し出はパートなら2週間前にはできるが妥当ではない、その理由とは?

パートの退職は2週間前に企業側に申し出するのが、妥当であることについてみてきました。

法的には、それで問題はないのですが、2週間前であっても、妥当ではない、その理由についてここでみていきたいと思います。

民法627条によれば、「期間の定めのない雇用の場合、最短で2週間前の通知で退職することが可能」です。

ここで大切な点になるのは、「期間の定めの無い雇用」になるのですが、雇用期間が決まっている場合、基本的に適用はされません。

また、その企業によって、退職に関する規定がある場合もあります。その場合は、その規定に従う必要があります。

それでは、どの位前に企業側に伝える事が一般的なのでしょうか?

恐らく答えは、「1ヶ月前」ではないでしょうか。社会通念上妥当であるのは、「1ヶ月」単位なのではないでしょうか。

法的には2週間前という規定があると思うので、1ヶ月に反対する人もいると思いますが、余裕を持って1ヶ月とみるのも悪くはないのかもしれません。

パートでやむを得ない事情の場合は退職2週間前でも良い?

パートを退職する場合、2週間前に企業に告知することが法的には認められていますが、1ヶ月前の方が、社会通念上妥当ではないか?という点についてみてきました。

ここでは、2週間前でも通用するのではないか?ということをみていきたいと思います。

企業側が、退職をするなら、1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月など規定を設けていたとしても、本人が2週間後に退職を望むのであれば、それは可能になります。

ただ、それだけ会社からは「随分急だな」のような対応はされると思います。

退職するとなると、引継ぎがあることもあるので、会社との関係も少し難しくなってくるのかもしれませんね。

ただ、体調であったり、持病であるとすると、仕方ないのかなとも思います。

「終りよければ全てよし」という言葉もありますが、円満に退職したいですよね。

パートを円満に退職するためには?

パートを退職する際、会社がOヶ月前と規定があったとしても、2週間後に退職でも問題はないのではないか?

円満退職をすることが鍵であることをみてきました。

それでは、どういった方法だと、円満退職に繋がるのでしょうか。

転職で退職する人もいると思います。

その場合は理由を聞かれることもあると思いますが、その場合は、「自分の持っている技術をうまく生かせる仕事が見つかったので」っというと良いのではないでしょうか。

また、他にも

  • 親の介護
  • 体調不良

などの理由が上げられると思います。

家庭の事情であったり、体調に関することだと、企業側も止めることができないのではないでしょうか。

退職を告げる時ですが、変に励まされる可能性もあるので、はっきりと「辞める」意思を告げる事、また辞める時期をはっきりさせる事が大切なのではないでしょうか。

パートを退職する理由に迷う、嘘も方便です!

パートを退職することを考えている、時期的には、法的には2週間前で問題がないこと、また、理由としては、転職、家庭の事情、退職に関する事だと円満に辞める事ができるのではないかという事についてみてきました。

最後に、退職する理由が迷っている方のために、どんな理由が適切なのかについてみていきたいと思います。

本音を言って、会社との関係が悪くなるよりは、嘘も方便で、上手に円満退職をする事も大切ではないでしょうか。

明らかに「嘘」になることは避けた方が良いです。例えば、子供がいないのに、「子供にかける時間が多いので」といわれても、すぐ嘘はばれてしまいますよね。それよりは、角が立たないような理由を挙げた方が良いと思います。

「一身上の都合で」が一番無難かもしれませんが。