電話を無視してもいいの?仕事の電話が休日にくる問題について

電話を無視することって、ちょっと罪悪感を感じちゃいますよね?

休日に仕事の電話が鳴ると、気持ちよく無視することができないのが会社員の悲しいサガなのではないのでしょうか?

人命に関わったり、災害などの非常事態ならわかりますが、大抵の場合は休日にわざわざ対応するような内容ではないことが多いと思います。

上司や同僚が休日もできるだけ電話対応するべきという、なんとも非生産的な考えなら、会社の規則に『休日は電話対応しなくてもよい』と明記してもらいましょう。

月曜日から金曜日まで仕事をして、さらに週末の休日まで電話対応しなければならないというのは仕事をコントロールできていない証です。

かかってきそうな電話や相手には、一言「月曜日まで対応できないよ」と金曜日に告げるようにしましょう。

誰とでも繋がってしまう今、繋がらないようにすることも工夫と信念が必要なのです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

接客が苦手。そんなの関係ない!仕事ですから、接客するのです!

接客業。接客の仕事。人見知りだから、しゃべるのが苦手だから接客以外の仕事をしたいと望んでいる人! ...

コンビニバイトで楽な時間帯があるのか知りたい!その時間帯とは

コンビニバイトに楽な時間帯ってあるのでしょうか? 時間帯によって、「楽」か「きつい」かが大きく...

会社の昼休みは一人で過ごしたい。スマートな伝え方とその効果

会社の昼休みはどうやって過ごしていますか? 同僚とお昼ごはんを食べに行く、会話を楽しむなど色々...

お詫びの電話は時間帯やスピードなど謝罪のマナーに気をつけよう

仕事で取引先などお詫びの電話をするときは、時間帯などに気をつけなければなりません。 では、お詫...

月給20万の手取りは厳しい?職種や生活水準とは

月給20万の職種とはどんなものが当てはまるのでしょうか?手取り金額はどのように計算するのでしょう? ...

宅急便のバイトは女性にも人気!その仕事内容とは

宅急便のバイトは年末年始にも多く募集することもあるため、どんな仕事なのかと気になる方もいるのでは? ...

体調は大丈夫か心配されたら返信のメールは感謝と謝罪で!例文も

風邪をひいた、体調が悪いのなどの理由で仕事を休むのは気がひけますか? 社会人としての自覚や自己管理...

大学院生のバイト選び【理系】の人は期間限定の仕事を選ぼう

理系の大学院生は研究で忙しいとはいえ、1人暮らしの人だとお金も必要になってきますよね。 では、...

欠席をメールで返事するときのポイントと上手な断り方とは

上司や得意先から誘われていたのに、欠席や断りのメールをしなければいけないときもありますよね。 ...

夜に仕事のメール返信はマナー違反?ビジネスマンのメールマナー

就業時間内にメールの返信ができなかったとき、夜にメールの返信をしても問題はないのでしょうか?相手に失...

ありがとうの返事はなんて言う?敬語で返す正しい日本語とは

目上の方から「ありがとう」という言葉を頂いたときにはどのように返事をするのが正解なのでしょうか?とっ...

退職の意思表示は2週間前で本当にいいの?退職時の心得

一般的に退職する時は、だいたい1ヶ月~1.5ヶ月前に上司に退職する意思を伝え、引継ぎなど退職する準備...

声が小さい悩みを解決!バイトで声を大きく出す方法・ポイント

バイト先の転生や同僚から「声が小さい!」と言われて悩んでいる人もいますよね。自分では大きな声を出して...

警察官が殉職した場合の家族に対する補償について教えます

テレビの刑事ドラマで、殉職するシーンを見ることもありますよね。もし自分の夫が警察官で殉職してしまった...

年下の上司【タメ口】問題について。社会的立場をわきまえ接する

年下の上司。 年功序列が当然ではなくなった日本社会において、上司が年下という立場の人は多いと思...

スポンサーリンク

電話を無視してもいいの?休日に仕事の電話がかかってくることについて

仕事をしていると、休日に仕事の電話がかかってくることもあると思います。そんな場合なのですが、その電話を無視しても良いのでしょうか。

休日に仕事をしていたら、給料をもらう権利がある。ですが、実際は、中々会社には請求できないのではないでしょうか。

休日に電話を取らせることを強要する場合が、それは、労働基準法違反になります。
それでも、休日に電話に出ざるを得ない人もいるのではないでしょうか。中には、鳴っている以上、無視はできないと思っている人もいると思います。

では、休日に電話がなっている場合ですが、どのように対処したら良いのでしょうか。

いくつかの方法があります。

  • 仕事とプライベートの携帯を分ける
  • 留守電を利用する

休日に電話をしなくてはいけないほど、急用であれば、留守電にいれることもできると思います。そうでもなければ、大した用件ではないのかもしれませんよね。

電話を無視すると決めよう!休日に仕事の電話がかかってきても対応しないキャラになる!

仕事をしていると、休日でも電話がなってしまう。

そんな時ですが、電話に出ない、また無視すると決める。また、休日なら、仕事はしないキャラクターになることも必要になってくるのかもしれません。

もともと、休日は休むためにあるものです。
その休日に電話がかかってくることが、おかしいのではないでしょうか。

休日にかかってくる電話に出ることで、給料が上がるわけでもないので、とらなくてもよいのではないでしょうか。

また、「電話がかかってくるかも」と考えるだけでも体力を使うかもしれませんよね。

だったら、この際、電話がかかってきたとしても、無視する、また急な用件であれば、留守番にメッセージが入るだろう、と割り切ることも必要かもしれませんよね。

休日は休日で、思いっきり休めるとよいですね。

電話は無視する!出られない電話は出ない!仕事の電話でも同じこと

休日に電話がかかってくる。そんな電話は無視する。それは、仕事の電話でも同じことにする。

人によっては、電話がかかってきたら、嫌でもとらなくてはいけない、そんなコールセンターのような対処になっている人はいないでしょうか。

ここで、どうして休日にかかってくる電話をとらないほうが良い、無視した方が良いと勧めているかというと、一言でいえば、あなた自身を大切にするためです。

電話というのは、そもそも相手の都合でかかってきますから、あなたが合わせなければなりません。それを辞めてしまいましょう。

でも、大切な用件だったらどうしよう?っと思うかもしれませんよね。でも、それだったら、連絡も1度だけではなく、複数回くると思います。1回くらいであれば、放っておいても、大丈夫かもしれません。

仕事となると話は別と考える人もいると思いますが、自分のペースで仕事をすることも大切ですし、休日なら、働く日ではないので、出なくてもおかしくないのではないでしょうか。

電話を無視するのではなく、平日に仕事をコントロールして休日にならないようにする

休日にかかってくる電話は出ないほうがよい、無視してもよいのではないか?ということについてみてきましたが、平日に仕事をうまくこなして、休日に電話がならないようにするのも一つのやり方ではないでしょうか。

休日に電話が鳴らないようにする良い手段

平日に仕事をうまくこなして、休日に仕事を持ち込まないようにする、また、休日に関しては、「緊急案件のみ」にすることが上げられるのではないでしょうか。

営業職や他の職業の方も、会社から提供されている携帯もあると思いますが、休日は会社に置いておく規則になっていたりしないでしょうか。そうすれば、休日に仕事のことは考えなくて済むのではないでしょうか。

仕事とプライベートの電話番号が一緒の人ですが、番号を分けて、休日はリラックスすることを考えてみたらいかがでしょうか。

そうやって、仕事とプライベートのONとOFFの切り替えをしていければよいのではないでしょうか。

出勤している時は仕事をするけど、休日にまで会社に自分の時間を奪われてはいけない

休日にかかってくる電話について、無視した方がよいのではないか?ということを見てきましたが、ここでは、出勤するときは仕事をして、休日までは、仕事に自分の時間を費やす必要はないのではないか?ということについてみていきたいと思います。

人っていうのは、時間を費やした分、それなりのお金が払われるべきではないでしょうか。これまで、休日に仕事の件で電話をかけてくる人がいること、また、その電話を取らないようにすることについてみてきましたが、私たちは、そうやって休日の時間まで自分の時間を奪ってくるような人とは距離を置く、また、休日までそのような人のために時間を費やすことも辞めるということも考えた方が良いのかもしれませんね。

少し話しが膨らみすぎなのかもしれませんが、どんな人とうまくつきあっていくのか、その点についても私たちは選択していかなくてはいけないのかもしれません。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/oe19media.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/oe19media.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/oe19media.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/oe19media.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/oe19media.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666