年下の上司【タメ口】問題について。社会的立場をわきまえ接する

年下の上司。

年功序列が当然ではなくなった日本社会において、上司が年下という立場の人は多いと思います。

その年下上司からタメ口で指示されると、なんだかモヤっとしてしまいますよね?

ですが、会社の一員、社会の一員として属している以上、年齢ではなく立場で接するというのが社会常識と言えます。

年齢にこだわらず、自分の置かれている立場をわきまえて接するようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スーパーの店長の仕事内容を教えます!気になる給料も紹介

スーパーの店長に転職を考えている人も少なくありません。スーパーの店長といえば、忙しいイメージ...

紹介予定派遣の面接で不採用にならないための理由と対策

紹介予定派遣の面接に不採用になったときは、何が原因だったのか考える必要があります。では、紹介...

会社の昼休みは一人で過ごしたい。スマートな伝え方とその効果

会社の昼休みはどうやって過ごしていますか?同僚とお昼ごはんを食べに行く、会話を楽しむなど色々...

好きな学科は履歴書に書くべき!アルバイトの履歴書の書き方

アルバイトを受けるときに必要となる履歴書ですが、いざ書くとなるとどのように書けばいいのか迷ってしまい...

お詫びの電話は時間帯やスピードなど謝罪のマナーに気をつけよう

仕事で取引先などお詫びの電話をするときは、時間帯などに気をつけなければなりません。では、お詫...

欠席をメールで返事するときのポイントと上手な断り方とは

上司や得意先から誘われていたのに、欠席や断りのメールをしなければいけないときもありますよね。...

夜に仕事のメール返信はマナー違反?ビジネスマンのメールマナー

就業時間内にメールの返信ができなかったとき、夜にメールの返信をしても問題はないのでしょうか?相手に失...

ミスの多い新人のタイプとは?ミスの予防方法を紹介します

新人のときには、ミスが多いものですがそのミスをすることを許されるのは新人のうちとも言えます。...

会社の電話が怖い!電話対応の恐怖を乗り越えるための心がけとは

会社の電話が怖い、できれば、一日中鳴らないで欲しい。今は、メールや個人の携帯電話へ直接連絡を...

研修のグループワークが嫌い。苦手を克服する方法とは

研修のグループワークが苦手・・嫌いという人は多いのではないでしょうか?そんな苦手意識はどうしたら克服...

月給20万の手取りは厳しい?職種や生活水準とは

月給20万の職種とはどんなものが当てはまるのでしょうか?手取り金額はどのように計算するのでしょう?...

レジのバイトは意外と難しい!困ったクレーム客や接客とは

スーパーやコンビニのレジのバイトにはどんなイメージがありますか?難しい?簡単そう?レ...

バイトを辞めると決めたなら1ヶ月前には伝えよう!伝え方や理由

「今のバイトを辞めたいなー」と思っていませんか?辞めたいけれどなんて言ったらいいの?いつ...

労働基準法での休憩のルール!6時間を堺にして休憩が必要になる

パートやアルバイトで働いている人の休憩時間の決まりとして、労働基準法で決められた休憩時間というものが...

宅急便のバイトは女性にも人気!その仕事内容とは

宅急便のバイトは年末年始にも多く募集することもあるため、どんな仕事なのかと気になる方もいるのでは?...

スポンサーリンク

年下の上司へのタメ口って、社会人としてどうなの?

社会に出ると、案外自分が思っていた以上に「こうだと思っていたのに、そうでもないんだ?」って思わされることもあるんじゃないでしょうか。その一つの例が、上司が年下であること。また、上司が年下であるために、ため口を職場で使っている人。社会人として、それでいいのかな?って思いませんか?

敬語を使う時って、大抵目上の人に使いますよね。派遣社員であれば、正社員に、課長に、部長に適切な敬語を使うことになりますが、上司が年下の場合でどうしているのでしょうか。

友達関係ならまだしも、職場となると、上司には敬語を使うべきです。

そこから人間関係のトラブルも発生してくると思います。

やはり職場は職場。ケジメをつけたい所ですよね。上司へは、適切な敬語を使っていきましょう。

年下の上司についタメ口を聞いてしまわないために気をつけることとは?

会社で例え上司が年下であっても、ため口を使うべきではない、きちんとした敬語を使うべきです。

でも、年下の上司に中々敬語を使えない、どうやったらもっと緊張感をもって敬語を使うことができるだろうか。そう思う人も中にはいると思います。

年下上司に対して気をつけなければならない点

立場をわきまえる

年齢さがあるということは、それだけ職場に関する知識ももしかしたら部下の方が上の可能性もあります。しかし、それでも上司に対して指導や助言は避けましょう。あくまでも上司は上司です。

挨拶、報告、連絡、相談

年下の上司とのコミュニケーションに悩んでいる人は沢山いると思います。ある意味、そういった環境だと話しかけにくかったり、距離が開くこともあると思います。

でも、仕事上、上司と部下のコミュニケーションは必要になってきます。ですので、挨拶や報告はこまめにした方が無難になります。

年下上司のタメ口問題。そもそもタメ口ってなに?

年下の上司にタメ口はいけない、その時に注意することは、立場をわきまえること、また、コミュニケーションをなるべくとっていくことについてみてきました。

ここで、そもそもタメ口って何なのか、どんな言葉がタメ口にあたるのか。敬語と区別するためにみていきたいと思います。

タメ口とは、主に丁寧体を含まない物を総称する俗語です。

友達同士で話す口調。例えていうなら、ですますを使わない、上司の名前をいう時に、~さん、社長などの敬称を用いない、名前もそのまま呼ぶ捨てにするなどです。

職場でタメ口だな?と思えるような言葉使いがあるのなら、どのような言葉使いにするべきか、考えてみたらいかがでしょうか。

コールセンターであったり、電話などでも、「敬語」の取得って中々難しいと思います。是非、取得して、仕事で役立てて下さい。

年下だけど上司。仕事はできるけど社会経験が少ないのでフォローしてあげよう!

年下が上司。そうなると、口調がタメ口になってしまう。具体的に何がタメ口にあたるのかについてみてきました。

年下が上司の場合って、仕事はできたとしても、社会人経験がないので、コミュニケーション能力が不足している可能性があります。また、どんな上司であっても、得意な分野と不得意な分野がありますよね。そんな上司の不得意分野ですが、フォローしてあげることも部下の役目だと思います。

「上司なのに、こんなこともわからないの?」って思うこともあると思いますが、会社はその上司に信頼を置いて、そのポジションを任せています。足りない部分は補っていくのか、会社の形だと思います。

目につく箇所があったとしても、部下が補っていく、そうやって人と人は繋がっていくのかもしれませんね。

年下の上司はどうしてタメ口なんだろう…を考えてみた

年下の上司にタメ口で話す事が問題なので、どうやって改善できるかについてみてきました。

逆に年下の上司が部下に対してタメ口を使うことについて

その問題の発端ですが、上司が敬語を知らないからだとも考えられます。

敬語も、聞いていくうちに覚えていくこともあると思うので、その上司の周りの人がうまく敬語を話してなければ、敬語の話し方を知らないで上司になった可能性もあります。

また、上司が部下との距離を縮めたくて、タメ口で話している可能性もあります。フランクな上司、フレンドリーな関係を求めている上司は、敬語ではなく、タメ口でコミュニケーションをとっている可能性もあります。

上記で、年下の上司がどうして部下に対してタメ口で話すのか?その原因となることをみてきました。
でも、職場は職場。上司の方もきちんとした言葉で対応して欲しいものですよね。職場で上司も部下も適切な言葉使いで仕事をすることができますように。