研修のグループワークが嫌い。苦手を克服する方法とは

研修のグループワークが苦手・・嫌いという人は多いのではないでしょうか?そんな苦手意識はどうしたら克服できるのでしょう?

みんなの前でもスラスラと自分の意見を話せる人は、どのような準備をしてるのでしょうか?ただ一方的に話していてもいけません。

研修のグループワークが嫌い、苦手な場合の克服方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スーパーの店長の仕事内容を教えます!気になる給料も紹介

スーパーの店長に転職を考えている人も少なくありません。 スーパーの店長といえば、忙しいイメージ...

大学院生のバイト選び【理系】の人は期間限定の仕事を選ぼう

理系の大学院生は研究で忙しいとはいえ、1人暮らしの人だとお金も必要になってきますよね。 では、...

ありがとうの返事はなんて言う?敬語で返す正しい日本語とは

目上の方から「ありがとう」という言葉を頂いたときにはどのように返事をするのが正解なのでしょうか?とっ...

公務員の昇給の時期はいつ?その種類と仕組みについて説明します

いつの時代も人気のある職種である公務員。これから公務員を目指す人にとって気になるのが初任給や昇給、そ...

退職の意思表示は2週間前で本当にいいの?退職時の心得

一般的に退職する時は、だいたい1ヶ月~1.5ヶ月前に上司に退職する意思を伝え、引継ぎなど退職する準備...

コンビニバイトで楽な時間帯があるのか知りたい!その時間帯とは

コンビニバイトに楽な時間帯ってあるのでしょうか? 時間帯によって、「楽」か「きつい」かが大きく...

レジのバイトは意外と難しい!困ったクレーム客や接客とは

スーパーやコンビニのレジのバイトにはどんなイメージがありますか? 難しい?簡単そう? レ...

紹介予定派遣の面接で不採用にならないための理由と対策

紹介予定派遣の面接に不採用になったときは、何が原因だったのか考える必要があります。 では、紹介...

労働基準法での休憩のルール!6時間を堺にして休憩が必要になる

パートやアルバイトで働いている人の休憩時間の決まりとして、労働基準法で決められた休憩時間というものが...

ミスの多い新人のタイプとは?ミスの予防方法を紹介します

新人のときには、ミスが多いものですがそのミスをすることを許されるのは新人のうちとも言えます。 ...

年下の上司【タメ口】問題について。社会的立場をわきまえ接する

年下の上司。 年功序列が当然ではなくなった日本社会において、上司が年下という立場の人は多いと思...

好きな学科は履歴書に書くべき!アルバイトの履歴書の書き方

アルバイトを受けるときに必要となる履歴書ですが、いざ書くとなるとどのように書けばいいのか迷ってしまい...

月給20万の手取りは厳しい?職種や生活水準とは

月給20万の職種とはどんなものが当てはまるのでしょうか?手取り金額はどのように計算するのでしょう? ...

会社の昼休みは一人で過ごしたい。スマートな伝え方とその効果

会社の昼休みはどうやって過ごしていますか? 同僚とお昼ごはんを食べに行く、会話を楽しむなど色々...

退職は2週間前でパートはOK?自分の雇用契約をまずはチェック!

パートを退職しようと考えた場合、まずは上司に退職する意思を伝えなくてはいけません。 退職を申し...

スポンサーリンク

研修のグループワークが嫌いなのはどうしたらいい?

社会人となると、研修のグループワークが嫌いという人もいると思いますが、そういった場合、どのように対処して行ったら良いのでしょうか。

苦手を好きに変えるという考え方もあると思いますが、それには時間もかかりますし、やる側の覚悟も必要になってくると思います。

ここで紹介したいのは、グループワークというのを、どうやって意識付けしていくかということです。

個人ワークは与えられているテーマに集中し、集団でよいものを作ろうとするときですが、一人ではなく、複数でよいものを作ろうという働きになります。

そのため、ここで抑えておきたいのは、単なる作業の一種だと割り切ることだと思います。

そう思うことで、少し気が楽になるのではないでしょうか。また、グループワークをする前に、テーマがわかっているのなら、事前に調べることで、グループワークでよい発言をすることに繋がるのではないでしょうか。

研修のグループワークが嫌いな人こそイメトレしよう

そうはいっても、研修のグループワークが苦手である。そんな時ですが、イメージトレーニングを利用してみてはいかがでしょうか。

まず、グループワークですが、少し流れを把握しておいた方が良いのかもしれません。

グループワークのことがよくわからないので、余計苦手であるという意識がある人もいると思います。その対策として、テーマなどを前もって把握し、準備をして、意見を発表できる、自分の意見をまとめておく下準備のようなものが必要になってくるのかもしれません。

そのような流れがつかめているだけでも、グループワークへの苦手意識が減ってくるのではないでしょうか。

そのような本番の流れがつかめてきたら、イメージトレーニングをすることも苦手意識を克服できる良い手段の一つかもしれません。

「イメージトレーニング」といわれても、ぱっとこない人は、動画などをみてイメージをつかんでみてください。そこからどうしたらよいのか、良いアイディアがもらえたら、本番が始まるまでに、良い準備が整うのではないでしょうか。

研修のグループワークは嫌いでも話さずに終わるのはNG

研修のグループワークを嫌いと感じている人もいると思いますが、嫌いと感じていてたとしても、話さずに終了するのは、やはり少し問題なのではないでしょうか。

企業側もある程度の意図があって、グループワークを行っているかもしれないので、グループワークでは必ず発言をしましょう。

それでも、言うことにプレッシャーを感じたり、言うことが思いつかない人もいると思います。例えそんな時であったとしても

「OOさんと同意です」
「OOさんと似たような意見なのですが」

と自分の意見をある程度は発言した方がよさそうです。

とはいっても、テーマが難しすぎると、いってよいのかわからないという人もいると思います。そのようなときでも、焦らずに、お互いフォローしていくような「協調性」も求めれらていくのではないでしょうか。

答えにたどり着くことも大切ですが、その過程も企業側は見ていると思います。その点も注意して討論していけると良いですよね。

研修のグループワークではきちんと聞くことも大切

研修のグループワークですが、話す事だけではなく、聞くことも大切になってくると思います。

また、発言しやすい空気を作り出すことも大切になってくるのではないでしょうか。

話しやすい空気を作りだすことであったり、雑談を交えたりして、一人一人が発言しやすい空気を作っていくことも、グループワークでは大切になってくると思います。

また、その話しやすい空気ですが、「聴く」ことも大切になってくるのではないでしょうか。

話す事、聴くこと、両方が大切になってきます。あなたは、自分の話を聴いてくれない人と、聴いてくれる人だったらどちらを好むでしょうか。恐らく自分の話を聴いてくれる人ですよね。

よく相手の話を聞くことで、チームの方もあなたの方に向いてくれるのではないでしょうか。

グループワーク

  1. 相手のほうを向いて話を聴く
  2. 適度な間隔でうなづく
  3. 相手の目をみて話しを聞く

を意識してみると良いのかもしれませんよね。

研修のグループワークでの話し方 ポイントとは?

それでは、研修のグループワークでうまい話し方はあるのでしょうか。そのポイントをここで少し見ていきましょう。

グループディスカッションでのコツ

まずは、「何人もの人に話そうとはしない」ということです。一人の人に話している、その感覚で話すと良いようです。

でも、そうすると、誰に対して話していると良いのか、そう思うこともあると思います。

「グループ全体に向かって一人に話すように話す」ことが良い

そのため、複数の人に話しているという感覚ではなく、グループ全体に向かって話す、そうすることで、グループワークでも上手に話せてくるのではないでしょうか。

コツがわかってしまえば、後は練習ですよね。練習することで、うまく研修のグループワークで話す事ができたら良いですよね。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/oe19media.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/oe19media.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/oe19media.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/oe19media.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/oe19media.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666