警察官が殉職した場合の家族に対する補償について教えます

テレビの刑事ドラマで、殉職するシーンを見ることもありますよね。もし自分の夫が警察官で殉職してしまったら、私たちの生活はどうなってしまうのだろう?と考えてしまう人もいるのでは?

警察官が殉職した場合、遺された家族に対してどんな補償をしてくれるのでしょうか?金銭的な援助はある?

警察官が殉職した場合の家族への補償と殉職理由について考えてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

声が小さい悩みを解決!バイトで声を大きく出す方法・ポイント

バイト先の転生や同僚から「声が小さい!」と言われて悩んでいる人もいますよね。自分では大きな声を出して...

月給20万の手取りは厳しい?職種や生活水準とは

月給20万の職種とはどんなものが当てはまるのでしょうか?手取り金額はどのように計算するのでしょう?...

夜に仕事のメール返信はマナー違反?ビジネスマンのメールマナー

就業時間内にメールの返信ができなかったとき、夜にメールの返信をしても問題はないのでしょうか?相手に失...

退職は2週間前でパートはOK?自分の雇用契約をまずはチェック!

パートを退職しようと考えた場合、まずは上司に退職する意思を伝えなくてはいけません。退職を申し...

電話を無視してもいいの?仕事の電話が休日にくる問題について

電話を無視することって、ちょっと罪悪感を感じちゃいますよね?休日に仕事の電話が鳴ると、気持ち...

接客が苦手。そんなの関係ない!仕事ですから、接客するのです!

接客業。接客の仕事。人見知りだから、しゃべるのが苦手だから接客以外の仕事をしたいと望んでいる人!...

初めてのバイトが怖いのはみんな同じ!対処法やオススメバイト

初めてのバイトはみんな怖いと感じています。ミスしたらどうしよう?朝寝坊しないかな?怒られたら...

レジのバイトは意外と難しい!困ったクレーム客や接客とは

スーパーやコンビニのレジのバイトにはどんなイメージがありますか?難しい?簡単そう?レ...

スーパーの店長の仕事内容を教えます!気になる給料も紹介

スーパーの店長に転職を考えている人も少なくありません。スーパーの店長といえば、忙しいイメージ...

研修のグループワークが嫌い。苦手を克服する方法とは

研修のグループワークが苦手・・嫌いという人は多いのではないでしょうか?そんな苦手意識はどうしたら克服...

バイトを辞めると決めたなら1ヶ月前には伝えよう!伝え方や理由

「今のバイトを辞めたいなー」と思っていませんか?辞めたいけれどなんて言ったらいいの?いつ...

会社の昼休み時間は会社や勤務時間で違う!休憩時間に関する事

会社によって昼休みの時間が違う場合がありますね。休憩時間については労働基準法による規定があります。...

年下の上司【タメ口】問題について。社会的立場をわきまえ接する

年下の上司。年功序列が当然ではなくなった日本社会において、上司が年下という立場の人は多いと思...

会社の電話が怖い!電話対応の恐怖を乗り越えるための心がけとは

会社の電話が怖い、できれば、一日中鳴らないで欲しい。今は、メールや個人の携帯電話へ直接連絡を...

コンビニバイトで楽な時間帯があるのか知りたい!その時間帯とは

コンビニバイトに楽な時間帯ってあるのでしょうか?時間帯によって、「楽」か「きつい」かが大きく...

スポンサーリンク

警察官が殉職すると、家族には見舞金がもらえるの?

警察官が殉職することもあると思いますが、その場合って家族には、ある程度の補償がもらえるのでしょうか。

警察官や消防隊員ですが、命に危険がある業務の場合ですが、遺族の生活保障のため、多めの弔慰金や障害見舞金が出されるようです。

一般と同じで、社会保険の遺族年金制度もあります。

家族としては、危険な職業についたとしても、毎日無事に帰ってきて欲しいと思いますよね。

万が一のときには、家族もその後の生活があると思いますから、ある程度の保証はあることで少しは安堵につながるかもしれませんね。

警察官の殉職理由で多いものは?遺された家族への補償は?

実際、警察官が殉職することもあると思いますが、どんなケースで殉職にいたっているのでしょうか。また、残された家族への保証はどんなものなのでしょうか。

まず、ケースとして多いのは、交通事故のようです。亡くなり方ですが、犯人に刺されて亡くなることもありますが、犯人を追っている最中に交通事故でなくなることもあるようです。

職業柄、やはり危険が伴う仕事ではありますよね。

残された家族には「弔慰金」や「賞じゅつ金」が支給される

また、「殉職」は「二階級特進」に上がるようで、階級が上がることで、弔慰金が増すようです。

ある県警の警察官が殉職した場合は家族に賞恤金が支払われる?

これまで、警察官が殉職した場合にある制度についてみてきましたが、どの位の金額が家族に支払われるかについてみてみたいと思います。

職種によっては、「賞恤金(しょうじゅつきん)」というものが存在し、命の危険が伴う職業に適応されているようです。亡くなったときに支給されるのが、弔慰金です。

家族としては、殉職したことで気落ちしているときに、ある程度の金額が払われることで、少しは安堵につながるのかもしれませんね。

警察官が殉職すると「2階級特進」となるのは慣習?

殉職する際に、2階級特進に上がるのは習慣なのでしょうか?

他の国から比べたら日本の警察官は守られていて、そんなに殉職する確立は高くないかもしれません。それでも、命を落とす可能性はある職業。亡くなる可能性も0とはいえませんよね。

警察官が殉職したとなると、その仕事への姿勢が評価され、「2階級特進」になります。
いつから始まったのかというと、明治時代以降から導入されたようです。

家族からしてみると、亡くなった、とりあえずある程度の生活は守られる。それだけではなく、家族が亡くなったことにより、「2階級特進」に上がる。その功績が評価されるというだけでも少しは心理状態が安定するのかもしれませんね。同僚の心にも残っていくのかもしれません。

「ストレス」に関係する病気で殉職する警察官も増えている

これまで、警察官が殉職することについてみてきました。その原因が犯人を追っている間に交通事故に巻き込まれるなどの要因だけではなく、「ストレス」も関連しているようなので、ここで少しみていきたいと思います。

日本は他の国からみるとまだまだ治安の良い国です。

警察官の殉職は「ストレス」から発症する病気もあるようです。

私のイメージもドラマなどから来ていると思い、銃撃戦を思い浮かぶ人もいると思いますが、それで亡くなる人は殆どいません。

二次的被害で亡くなる警察官もいますし、また自然災害の救助活動中に亡くなった警察官もいます。なので、警察官の中で殉職する方の要因は、私たちが想像する以上に、さまざまなのかもしれませんよね。

危険な業務なだけに、思った以上にストレスがかかる仕事なのかもしれません。上手にストレスも発散していけるとよいのかもしれませんね。