ありがとうの返事はなんて言う?敬語で返す正しい日本語とは

目上の方から「ありがとう」という言葉を頂いたときにはどのように返事をするのが正解なのでしょうか?とっさに「どういたしまして」と言ってしましそうですがこれではなんだか偉そうですよね。

しかし返事をしないのも失礼にあたります。ちゃんとした敬語を使って返事をするにはどんな言い方をしたらいいのでしょう。

上司や先輩、目上の人からの激励やお礼の返事の仕方について紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

退職は2週間前でパートはOK?自分の雇用契約をまずはチェック!

パートを退職しようと考えた場合、まずは上司に退職する意思を伝えなくてはいけません。 退職を申し...

労働基準法での休憩のルール!6時間を堺にして休憩が必要になる

パートやアルバイトで働いている人の休憩時間の決まりとして、労働基準法で決められた休憩時間というものが...

バイトの面接は緊張する!郵便局の場合に聞かれる事と答え方とは

郵便局のバイトで多いのは、年末の年賀状の仕分けや配達の仕事ですね。 冬休みを利用して多くの高校...

年下の上司【タメ口】問題について。社会的立場をわきまえ接する

年下の上司。 年功序列が当然ではなくなった日本社会において、上司が年下という立場の人は多いと思...

大学院生のバイト選び【理系】の人は期間限定の仕事を選ぼう

理系の大学院生は研究で忙しいとはいえ、1人暮らしの人だとお金も必要になってきますよね。 では、...

欠席をメールで返事するときのポイントと上手な断り方とは

上司や得意先から誘われていたのに、欠席や断りのメールをしなければいけないときもありますよね。 ...

退職の意思表示は2週間前で本当にいいの?退職時の心得

一般的に退職する時は、だいたい1ヶ月~1.5ヶ月前に上司に退職する意思を伝え、引継ぎなど退職する準備...

初めてのバイトが怖いのはみんな同じ!対処法やオススメバイト

初めてのバイトはみんな怖いと感じています。 ミスしたらどうしよう?朝寝坊しないかな?怒られたら...

夜に仕事のメール返信はマナー違反?ビジネスマンのメールマナー

就業時間内にメールの返信ができなかったとき、夜にメールの返信をしても問題はないのでしょうか?相手に失...

公務員の昇給の時期はいつ?その種類と仕組みについて説明します

いつの時代も人気のある職種である公務員。これから公務員を目指す人にとって気になるのが初任給や昇給、そ...

好きな学科は履歴書に書くべき!アルバイトの履歴書の書き方

アルバイトを受けるときに必要となる履歴書ですが、いざ書くとなるとどのように書けばいいのか迷ってしまい...

研修のグループワークが嫌い。苦手を克服する方法とは

研修のグループワークが苦手・・嫌いという人は多いのではないでしょうか?そんな苦手意識はどうしたら克服...

体調は大丈夫か心配されたら返信のメールは感謝と謝罪で!例文も

風邪をひいた、体調が悪いのなどの理由で仕事を休むのは気がひけますか? 社会人としての自覚や自己管理...

お詫びの電話は時間帯やスピードなど謝罪のマナーに気をつけよう

仕事で取引先などお詫びの電話をするときは、時間帯などに気をつけなければなりません。 では、お詫...

電話を無視してもいいの?仕事の電話が休日にくる問題について

電話を無視することって、ちょっと罪悪感を感じちゃいますよね? 休日に仕事の電話が鳴ると、気持ち...

スポンサーリンク

ありがとうの返事は敬語でどう答えるのが正解なの?

メールのやりとりや職場のやりとりで「ありがとう」と目上の人から言われることもあると思いますが、そのようなときは、どのような返事をすることが適切なのでしょうか。

私たちが一番してしまいそうな返事が「どうしたしまして」だと思いますが、その返事をしてしまうと、少し偉そうな印象を与えてしまうのかもしれませんよね。また、「お気になさらないで下さい」というのも、少し目上視線になりがちであったり、「大したことはありません」という意味も含んでいるようなので、やめた方が良さそうです。

ただ、「どうしたしまして」についてですが、その上司の人との間柄が親しいときですが、「どういたしまして」でも大丈夫だと思います。なので、上司や先輩とどの位親密なのかも「ありがとう」と言われた時の返答の仕方に影響を与えるのかもしれません。

ありがとうというメールの返事は敬語で返そう!

上司から「ありがとう」といわれたときの返事の返し方は、一体どんな言葉が適切なのでしょうか。

返事をしない人もいると思いますが、それはマナーに違反しているのではないでしょうか。「ありがとう」といわれたので、なんだかの返答が必要になってくると思います。

それでは、具体的にどんな言葉使いだと、マナーに沿っていて、良い返答なのでしょうか。

  • 「お気遣いありがとうございます」
  • 「嬉しい言葉ありがとうございます」

難しいのは、上司との間柄によって、言葉の選択しが変わってくることではないでしょうか。

もう少しフランクな言葉使いなのであれば、次のような言葉使いも考えられます。

  • 「お役に立てて幸いです」
  • 「こちらこそありがとうございます」

上記の返答も良い返答の例ではありますが、上手な返答を使って、よりよい関係を上司と築いていきたいですよね。

ありがとうの返事では敬語プラス態度が大切!

上司に「ありがとう」と言われたときですが、どんな返事で返すかも大切ですが、その時のあなたの態度も大切になってくるのではないでしょうか。答え方としては、「こちらこそ」であったり、「お役にたてて幸いです」と言うことができますが、その時どのような態度で接するのか、その部分も大切になってくると思います。
  • 笑顔
  • お辞儀をする

上記のような点を組み合わせてみると、さらに好感度がアップするのではないでしょうか。

余談ですが、相手が取引先となると「いえいえ」という言葉をつかうこともあるかと思います。ですが、「いえいえ」会話の流れでは、間違った解釈になってしまうこともあるので、注意が必要です。正しい方法で使うと、謙遜の意味合いになるので、正しい流れで取引先や上司の方々とも良い関係を作れると良いですね

上司からのありがとうメールの返事はすぐに返そう!

上司から「ありがとう」というメールが来たときですが、早めに返事はしたほうが良さそうです。

相手が取引先のときも早めの返事が必要になってきますが、上司から「ありがとう」と言う内容のメールが来たときは、なるべく早く、午前中にきたのなら、午後には返答するなど、早めの行動が求められます。「ありがとう」といわれると誰でも嬉しいですよね。そのあなたの素直な気持ちをできるだけ早く伝えると良いと思います。時間が空けば空くだけ、あなたの素直な気持ちが相手に伝わりにくくなるので、早めに返答した方がよいと思います。

注意したいのは、「ありがとう」と上司に言われたときですが、自分の実力に過信するのではなく、色んな人からのサポートがあって、その成績なりがとれたことを覚えておくことだと思います。

なので、「皆さんのおかげで達成できました」というような文言を加えると良いかもしれませんね。私たちはみな、色んな人のサポートが必要なので、その点を心に留めておくことも必要かと思います。

ありがとうの返事をするときにはどのようなメールを送ればいい?

上司から「ありがとう」というメールが来たときですが、どのような内容のメールを返答した良いのでしょうか。

メールを送るときに、感謝の気持ちを書くことはもちろんですが、その後に、前後にどんな内容の文章を書くかも重要になってくると思います。

例えば、最後に「返答は気になさらないで下さいね」などの文言を加えることができると尚よいと思います。

また、相手のことを思い「お忙しい中メールを送ってくださってありがとうございます」なども付け加えるとよいと思います。

メールというのは、中々難しいので、相手が読んでも不快な気持ちにならないことが大切だと思います。そうならないためにも、何度か読み直してみたり、シンプルに相手に伝えてみることが大切になってくるのかもしれません。読んでいてわかりにくい内容であるのであれば、「どうしたらもう少しわかりやすい文章になるのかな?」と考えてみるのも良いのかもしれません。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/oe19media.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/oe19media.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/oe19media.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/oe19media.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/oe19media.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666