ミスの多い新人のタイプとは?ミスの予防方法を紹介します

新人のときには、ミスが多いものですがそのミスをすることを許されるのは新人のうちとも言えます。

新人であっても、できるだけミスはしたくないと思う人がほとんどだと思いますがこの仕事でのミスはどうしたら減らすことができるのでしょうか?

ミスをする人としない人にはどんな違いがあるのでしょう?ミスを予防するにはこんなことを意識して仕事をするといいでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

退職の意思表示は2週間前で本当にいいの?退職時の心得

一般的に退職する時は、だいたい1ヶ月~1.5ヶ月前に上司に退職する意思を伝え、引継ぎなど退職する準備...

初めてのバイトが怖いのはみんな同じ!対処法やオススメバイト

初めてのバイトはみんな怖いと感じています。ミスしたらどうしよう?朝寝坊しないかな?怒られたら...

労働基準法での休憩のルール!6時間を堺にして休憩が必要になる

パートやアルバイトで働いている人の休憩時間の決まりとして、労働基準法で決められた休憩時間というものが...

月給20万の手取りは厳しい?職種や生活水準とは

月給20万の職種とはどんなものが当てはまるのでしょうか?手取り金額はどのように計算するのでしょう?...

好きな学科は履歴書に書くべき!アルバイトの履歴書の書き方

アルバイトを受けるときに必要となる履歴書ですが、いざ書くとなるとどのように書けばいいのか迷ってしまい...

大学院生のバイト選び【理系】の人は期間限定の仕事を選ぼう

理系の大学院生は研究で忙しいとはいえ、1人暮らしの人だとお金も必要になってきますよね。では、...

警察官が殉職した場合の家族に対する補償について教えます

テレビの刑事ドラマで、殉職するシーンを見ることもありますよね。もし自分の夫が警察官で殉職してしまった...

欠席をメールで返事するときのポイントと上手な断り方とは

上司や得意先から誘われていたのに、欠席や断りのメールをしなければいけないときもありますよね。...

お詫びの電話は時間帯やスピードなど謝罪のマナーに気をつけよう

仕事で取引先などお詫びの電話をするときは、時間帯などに気をつけなければなりません。では、お詫...

体調は大丈夫か心配されたら返信のメールは感謝と謝罪で!例文も

風邪をひいた、体調が悪いのなどの理由で仕事を休むのは気がひけますか?社会人としての自覚や自己管理...

接客が苦手。そんなの関係ない!仕事ですから、接客するのです!

接客業。接客の仕事。人見知りだから、しゃべるのが苦手だから接客以外の仕事をしたいと望んでいる人!...

研修のグループワークが嫌い。苦手を克服する方法とは

研修のグループワークが苦手・・嫌いという人は多いのではないでしょうか?そんな苦手意識はどうしたら克服...

ありがとうの返事はなんて言う?敬語で返す正しい日本語とは

目上の方から「ありがとう」という言葉を頂いたときにはどのように返事をするのが正解なのでしょうか?とっ...

レジのバイトは意外と難しい!困ったクレーム客や接客とは

スーパーやコンビニのレジのバイトにはどんなイメージがありますか?難しい?簡単そう?レ...

コンビニバイトで楽な時間帯があるのか知りたい!その時間帯とは

コンビニバイトに楽な時間帯ってあるのでしょうか?時間帯によって、「楽」か「きつい」かが大きく...

スポンサーリンク

ミスが多い新人はこんな人!考え方が仕事に影響!?

社会人になって、新人になることもあると思いますが、その新人でミスが多い人のタイプですが、どんなものがあるのでしょうか。

新人でミスが多い人の特徴

マイナス思考

真面目な人ほど、過去自分がしたミスを覚えていて、同じミスをしたくない恐れがあり、そのため適切な対応がとれないことがあります。そうなると、仕事が進まずに、また同時に色んなことをできなくなり、ミスが増えていく傾向があるようです。あるミスをしないように、と心がけていると、他への注意がいかなくなったり、別へのミスに繋がったりもするようです。ミスをしたことについては反省するべきですが、そこでマイナス思考になるのではなく、原因をつかんで、次に進んでいくほうがよいと思います。

メモをとらない

仕事中にメモをきちんととらない人ほど、ミスが目立つようです。では、どうしてミスをとらないのでしょうか。

  1. 頭で覚えようとしているが、覚え切れてない
  2. 書いてはいるが、後で意味がわからなくなる
  3. メモをとったとしても、仕事に役にはたたない形である

正しい形でメモをとって、効率よく仕事をすることに繋げていければよいですね。

新人でミスが多いのは当たり前!木や林ではなく森を見る!?

新人の方でミスが多い要素のようなものを見てきましたが、誰でも新人の頃はミスは多いものだと思います。

そのため、ある程度のミスは新人なので、気にする必要はないのではないでしょうか。仕事になれていないことであったり、仕事の全体像がまだ見えてないので、仕事にミスが発生することも考えられます。

仕事の全体像が見えてない状態だと、自分がやっている仕事から、どの部分を見たらよいかがわからなかったりします。仕事ができる人ですが、あたりをつけるのが上手な人ではないでしょうか。逆に、仕事の要領が悪い人であったり、遅い人ですが、仕事の些細な部分も気になってしまうため、時間がかかっているのかもしれませんね。

新人だと、仕事の全体像を見るのは中々難しいかもしれませんが、自分がやっている部分はこれであって、全体像でいうこの部分であるということが分かっているとより仕事がやりやすいのかもしれません。

新人はミスが目立つし多い!なぜミスしたのかを考えよう

仕事をしたても新人ですが、ミスは多いのは仕方ないのかなと思います。ここでは、どうしてミスをしているのか考えてみようと思います。

でも、ミスってできるだけ減らしていきたいですよね。その方が周りにも迷惑がかからないし、怒られる回数も減ってくるかもしれません。

ミスが多い新人は整理整頓を心がける

「当たり前」と感じることですが、うっかりとしたミスであったり、意味のないミスを防ぐには、そのような対策が必要なのかもしれませんね。

また、仕事ですが、Wチェックすることも大切です。仕事でミスをしたくないのであれば、自分がしていることが本当にあっているのか、チェックする、そういった仕事の姿勢も大切なのかもしれません。

そうすることにより、精神的にも落ち着いて、ミスへの恐怖もなくなってくるのではないでしょうか。

ミスが多いのは 新人

仕事をしていて、ミスが多いのは、新人の時期の時期なのかもしれません。

どうやってそのミスを防げるかというと、やはり、繊細にチェックすることなのではないしょうか。

仕事をしていても、上司から

「ちゃんとチェックしたんだよね?」

っと聞かれることもきっとあると思います。それほど、仕事を終えた後にチェックすることは大切になってくるのではないでしょうか。

自分でチェックする習慣ですが、自分できちんとチェックしようとしないことにも問題があるようです。自分がした仕事について「しっかり見直す」という態度が必要になってくるのかもしれないですよね。

中途半端な仕事をすると、やはり後が怖いこともあります。ミスをすると、後で周囲や上司の人に謝らなくてはいけない、それも考えると、チェックを入念にすること、また、自分がやるべきことを書いて、できることに焦点をあてていくことも大切かもしれませんね。

ミスが多いけれど怒られない新人とは?

新人は新人でも、ミスが多くても怒られない新人さんもいるようです。それはどうしてなのでしょうか。

確かに仕事上でのミスはいけませんが、新人に求められていることの一つに、「きちんと挨拶をする」ことも含まれるのではないでしょうか。

笑顔できちんと挨拶をしている。そうすると、上司からも気に入られていくのかもしれませんよね。「おはようございます」であったり、「お疲れ様であったり」きちんとハキハキして上司や周りの人に挨拶ができている人は、周りからも評判が良いのではないでしょうか。

ただ、その挨拶の仕方も、小さいと、返って上司のかたに怒られてしまうかもしれません。はっきりとした発音で挨拶すること、また笑顔を忘れないことも、上司の方に気に入られる要素の一つなのかもしれません。