お詫びの電話は時間帯やスピードなど謝罪のマナーに気をつけよう

仕事で取引先などお詫びの電話をするときは、時間帯などに気をつけなければなりません。

では、お詫びの電話をするときのベストな時間帯とはいつなのでしょうか?どんなことに気をつけたらいいの?

また、クレームに対する謝罪なら、電話はもちろんメールでのお詫びもポイントになりますよ!そこで、お詫びの電話をかけるベストな時間帯など謝罪のマナーやポイントなどについてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

会社の電話が怖い!電話対応の恐怖を乗り越えるための心がけとは

会社の電話が怖い、できれば、一日中鳴らないで欲しい。今は、メールや個人の携帯電話へ直接連絡を...

退職の意思表示は2週間前で本当にいいの?退職時の心得

一般的に退職する時は、だいたい1ヶ月~1.5ヶ月前に上司に退職する意思を伝え、引継ぎなど退職する準備...

バイトを辞めると決めたなら1ヶ月前には伝えよう!伝え方や理由

「今のバイトを辞めたいなー」と思っていませんか?辞めたいけれどなんて言ったらいいの?いつ...

レジのバイトは意外と難しい!困ったクレーム客や接客とは

スーパーやコンビニのレジのバイトにはどんなイメージがありますか?難しい?簡単そう?レ...

夜に仕事のメール返信はマナー違反?ビジネスマンのメールマナー

就業時間内にメールの返信ができなかったとき、夜にメールの返信をしても問題はないのでしょうか?相手に失...

退職は2週間前でパートはOK?自分の雇用契約をまずはチェック!

パートを退職しようと考えた場合、まずは上司に退職する意思を伝えなくてはいけません。退職を申し...

接客が苦手。そんなの関係ない!仕事ですから、接客するのです!

接客業。接客の仕事。人見知りだから、しゃべるのが苦手だから接客以外の仕事をしたいと望んでいる人!...

宅急便のバイトは女性にも人気!その仕事内容とは

宅急便のバイトは年末年始にも多く募集することもあるため、どんな仕事なのかと気になる方もいるのでは?...

声が小さい悩みを解決!バイトで声を大きく出す方法・ポイント

バイト先の転生や同僚から「声が小さい!」と言われて悩んでいる人もいますよね。自分では大きな声を出して...

公務員の昇給の時期はいつ?その種類と仕組みについて説明します

いつの時代も人気のある職種である公務員。これから公務員を目指す人にとって気になるのが初任給や昇給、そ...

電話を無視してもいいの?仕事の電話が休日にくる問題について

電話を無視することって、ちょっと罪悪感を感じちゃいますよね?休日に仕事の電話が鳴ると、気持ち...

好きな学科は履歴書に書くべき!アルバイトの履歴書の書き方

アルバイトを受けるときに必要となる履歴書ですが、いざ書くとなるとどのように書けばいいのか迷ってしまい...

欠席をメールで返事するときのポイントと上手な断り方とは

上司や得意先から誘われていたのに、欠席や断りのメールをしなければいけないときもありますよね。...

ミスの多い新人のタイプとは?ミスの予防方法を紹介します

新人のときには、ミスが多いものですがそのミスをすることを許されるのは新人のうちとも言えます。...

年下の上司【タメ口】問題について。社会的立場をわきまえ接する

年下の上司。年功序列が当然ではなくなった日本社会において、上司が年下という立場の人は多いと思...

スポンサーリンク

お詫びの電話はスピードが大事!時間帯にも気をつけよう

社会人になって、仕事をするとなると、お詫びをすることもあると思います。

そんな時ですが、お詫びをするベストな時間帯ってあるのでしょうか?

ここで少しみていきたいと思います。

まず、仕事でミスをしたりして、お詫びをしなくてはいけない時です。

なるべく早い段階で電話する方が良い

しかも、そのお詫びの仕方ですが、誠意が感じられる方法の方が良いと思います。

お詫びをする時ですが、素直に自分の非を認めて、具体的にこれからどのように完全してミスをしなようにしていくのか、提案していくことも必要になると思います。

そして、肝心な電話をかける時間帯ですが、避けたいのは、慌しい朝であたり、お昼、また営業時間外になります。相手が忙しそうな時間帯は避けて、謝罪した方が、誠意が伝わるかもしれませんよね。

お詫びの電話をするときのベストな時間帯とは

電話でお詫びをする時ですが、なるべく早めにすること、ミスをしないような具体案を提案すること、また相手が忙しい時間帯は避ける事についてみてきました。そうすると、電話でお詫びをする時間帯はいつごろが調度良いのでしょうか。

人の心理として、「午前中」の方が良い

心理としては、その方が相手の方が爽やかだからです。

次に考えられる時間帯ですが、お昼の後なようです。心理としては、お昼を食べて、相手の方の機嫌が良い事が理由にあげられます。

お昼休みあけというのは、大抵の人は心がハッピーであったり、ゆっくりしている時間帯だと思います。

また、余談にはなりますが、「電話はしたけど、相手がいなかった」そんな時はどうしたら良いのでしょうか。またかけるというよりは、メールで謝罪した方が良いと思います。その方が、相手に謝罪の気持ちが伝わるかもしれませんね。

クレームに対する電話でも時間帯やメールでのお詫びもポイント

お詫びの電話をかける時間帯ですが、午前中、またはお昼が終ったあと位がベストなのでは?また、相手がいないときは、メールでお詫びを入れた方が良い事をみてきました。

ここでは、クレーム対応についてみていきたいと思います。

どんなにお詫びの電話をいれたとしても、相手の怒りが納まらない時もあります。そんなことも含めて、お詫びの電話をする時間帯もよく考慮した方が良いと思います。

上記でも、午前中、昼過ぎと言う風に書きましたが、お昼にかけて、一見略着させるのも一つの方法だと思います。

理由としては、上記でも述べたように、お昼後だと、相手の気持ちがゆったりしているからです。

逆にいうと、相手の方がいらいらしているかもしれないお昼前の時間帯は避けた方が良いのかもしれません。

また、上記でも触れましたが、相手が不在の場合は、メールで「先ほどお電話しましたが、不在なようでしたので」という文言で謝罪した方が良いと思います。あなたがどれだけ真剣に謝罪したいかが伝わるかもしれませんね。

電話をかける時間帯によってもお詫びの言葉が必要

お詫びの電話を入れる時間帯ですが、お昼過ぎ位が調度良いのではないかということについてみてきました。ここでは、電話をかける時間帯によって、お詫びの言葉を変えていくことについてみていきたいと思います。

朝早くに電話

「朝早くから申し訳ありません。ただいまよろしいですか?」

昼食後に電話

「お昼にお電話をかけて申し訳ありません。ただいまよろしいですか?」

帰宅時間に電話をかける場合

「お帰り際にお電話をかけて申し訳ありません。ただいまよろしいですか?」

それぞれ電話をかける時間帯によって、お詫びの一言が重要になってくると思います。上記を参考にして、上手にお詫びの電話をかけることができるとよいですね。落ち着いて話す事ができ、信頼関係が回復していきますように。

電話での謝罪で気をつけたいマナーとは

お詫びの電話をかける時間帯ですが、その時間によって、挨拶の文言のようなものを入れた方がよいことについてみてきました。

ここでは、お詫びの電話をする際に、気をつけたいマナーについてみていきたいと思います。

電話の「態度」も重要

話しかたによって、「相手への気遣い」も伝わるからです。

一つ一つ、発する言葉も慎重に選び、声のトーンにも気をつけた方が良さそうです。

また、雑音が入らない場所で電話をする事も大切になってくると思います。雑音があると、相手にも何を言っているのか理解できずに、「何いいました?」と聞き返されることもあると思います。そうならないためにも、落ち着いて話をできる場所を選んだ方が良いと思います。

自分のミスで相手に謝罪しなくてはいけないことですから、そこには、丁寧な謝罪であったり、誠意が求められると思います。うまく謝罪し、信頼関係を取り戻すことができますように。