紹介予定派遣の面接で不採用にならないための理由と対策

紹介予定派遣の面接に不採用になったときは、何が原因だったのか考える必要があります。

では、紹介予定派遣の面接で不採用になるのはどんなことが理由なのでしょうか?

また、紹介予定派遣の面接で不採用が続いているのなら、対策を考えましょう!紹介予定派遣の面接で受ける人はどんな人なのでしょうか?

そこで、紹介予定派遣の面接で不採用にならないための理由と対策などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

労働基準法での休憩のルール!6時間を堺にして休憩が必要になる

パートやアルバイトで働いている人の休憩時間の決まりとして、労働基準法で決められた休憩時間というものが...

退職は2週間前でパートはOK?自分の雇用契約をまずはチェック!

パートを退職しようと考えた場合、まずは上司に退職する意思を伝えなくてはいけません。退職を申し...

コンビニバイトで楽な時間帯があるのか知りたい!その時間帯とは

コンビニバイトに楽な時間帯ってあるのでしょうか?時間帯によって、「楽」か「きつい」かが大きく...

年下の上司【タメ口】問題について。社会的立場をわきまえ接する

年下の上司。年功序列が当然ではなくなった日本社会において、上司が年下という立場の人は多いと思...

好きな学科は履歴書に書くべき!アルバイトの履歴書の書き方

アルバイトを受けるときに必要となる履歴書ですが、いざ書くとなるとどのように書けばいいのか迷ってしまい...

退職の意思表示は2週間前で本当にいいの?退職時の心得

一般的に退職する時は、だいたい1ヶ月~1.5ヶ月前に上司に退職する意思を伝え、引継ぎなど退職する準備...

研修のグループワークが嫌い。苦手を克服する方法とは

研修のグループワークが苦手・・嫌いという人は多いのではないでしょうか?そんな苦手意識はどうしたら克服...

お詫びの電話は時間帯やスピードなど謝罪のマナーに気をつけよう

仕事で取引先などお詫びの電話をするときは、時間帯などに気をつけなければなりません。では、お詫...

ありがとうの返事はなんて言う?敬語で返す正しい日本語とは

目上の方から「ありがとう」という言葉を頂いたときにはどのように返事をするのが正解なのでしょうか?とっ...

欠席をメールで返事するときのポイントと上手な断り方とは

上司や得意先から誘われていたのに、欠席や断りのメールをしなければいけないときもありますよね。...

声が小さい悩みを解決!バイトで声を大きく出す方法・ポイント

バイト先の転生や同僚から「声が小さい!」と言われて悩んでいる人もいますよね。自分では大きな声を出して...

接客が苦手。そんなの関係ない!仕事ですから、接客するのです!

接客業。接客の仕事。人見知りだから、しゃべるのが苦手だから接客以外の仕事をしたいと望んでいる人!...

会社の昼休みは一人で過ごしたい。スマートな伝え方とその効果

会社の昼休みはどうやって過ごしていますか?同僚とお昼ごはんを食べに行く、会話を楽しむなど色々...

月給20万の手取りは厳しい?職種や生活水準とは

月給20万の職種とはどんなものが当てはまるのでしょうか?手取り金額はどのように計算するのでしょう?...

会社の昼休み時間は会社や勤務時間で違う!休憩時間に関する事

会社によって昼休みの時間が違う場合がありますね。休憩時間については労働基準法による規定があります。...

スポンサーリンク

紹介予定派遣の面接で不採用になるのはどんなとき?

今の時代、派遣という雇用体系もあると思いますが、その中で紹介予定派遣もあると思います。面接があると思いますが、残念ながら不採用になることもあると思いますが、一体どんな要因で不採用になるのでしょうか。

採用側からすると、以下の点が気になったのかもしれません。

不採用の理由

会社にはミスマッチだと判断された

技術的なことは合格だとしても、会社にはミスマッチだと思い、不採用にされた。

コミュニケーションスキルが足りないと判断された

技術的なものもあるが、ある程度のコミュニケーションがとれないと、会社というグループでは働けないと判断された

会社の経営があまりよくない

本当は採用予定だったとしても、人員削減のため、きるという決断に至った。

他にも理由は色々あると思います。仕事も一つの縁だとは思いますが、不採用になったとしても、他の会社で縁があると良いですね。

紹介予定派遣の面接で不採用だったときは?

紹介予定派遣の面接で不採用だったときですが、どんな理由が考えられるのでしょうか。

一つの大きな理由としては、会社との「ミスマッチ」が大きな理由のようです。

面接をする会社側も、あなたの学歴や経歴を改めて見直して、派遣ではなく、正社員として働けるか面接を行います。やはり、履歴書だけでは見えない部分もあるので、「面接」という形をとって、あなたのことを見ていきます。でも、その面接で、会社が求めるキャリアであったり、要素があなたに無いと感じたり、異なる場合ですが、会社側からも残念ながら「No」を出されてしまうのでないでしょうか。

なので、一度不採用を出されてしまったときですが、あっさりと諦めて、別の会社にトライした方がよいと思います。企業側が「ミスマッチ」と判断したのですが、入社したとしても、あまりうまくいかないかもしれません。それよりは、自分に合った会社で働く方があなたににとってもよいのではないでしょうか。

紹介予定派遣の面接で不採用続きなら対策を

何度も紹介予定派遣の面接にトライしている。不採用が続いている。
そういうときですが、ある程度の対策を考えた方がよいのかもしれません。

紹介派遣予定の仕事ですが、恐らく直接企業側から「こういった理由で不採用になります」という具体的な理由は派遣側には伝えないと思います。なので、派遣企業側から、どうして採用にならないのか、アドバイスをしてもらうのも改善につながるのではないでしょうか。

面接は、顔合わせになりますし、勿論受け答えも出てきます。そんな中で自分で改善するべき点がもしかしたらあるのかもしれません。派遣企業側の担当者の方であったり、会社の営業の方から良いアドバイスを聞いて、自分を向上させるのも、よいのではないでしょうか。

紹介予定派遣の面接で受かるのはこんな人!

紹介予定派遣の面接で不採用通知を受ける人もいると思いますが、受かる人はどんな人なのでしょうか。

  • 面接で自分の得意なことや不得意なことをうまく説明できている
  • コミュニケーションがしっかりできている

要因の一つとして上げられているようです。

例えばですが、データー入力の仕事だとすると、前の会社でどの程度の成績であったか、自分をアピールすることにつながるのではないでしょうか。また、その経験を用いて、会社でどのようにして貢献していけるのか、具体的なビジョンも見えてきているのかもしれません。

企業としても、できるだけ多くの仕事をこなしてくれる人材を求めていると思います。なので、これもできます!とアピールすることによって、採用にもつながっていくのではないでしょうか。逆に、できないことははっきりできないといった方がよいのかもしれませんが。

紹介予定派遣で不採用になるのは、面接だけじゃない!

紹介予定派遣で不採用になるケースですが、要因は面接だけではなさそうです。

面接のための準備はかなりしていたのですが、その準備に力が入りすぎて、家をでる時間が遅くなり、やっと企業にギリギリの時間でついたと思ったら、一緒のエレベーターに相手企業の偉い方が乗っていたため、自分の行動を注意深く見られていたようです。

相手の会社からすると、そのような行動をとることで、「この人には一般常識がない。マナーがない」という判断をされ、結果不採用につながったようです。

面接の準備をしすぎたことが原因なので、「不運だった」といってしまえばそれまでですが、面接だけが全てではないことも考えておいた方が良いのではないでしょうか。

ライバルは沢山いますし、差をつけなければなりません。採用にいたるには、肝心な面接の時間に遅れることであったり、マイナス要素はできるだけ避けたいものですよね。また、面接も緊張感をもって、受けたいですよね。